以前から、民芸館とかに行くと置いてあるジオラマを実物風に撮るのが好きで、昔この人のインスタを最初に見た時に、先を越されたーと思ったことがありました。しかし、この人がすごいのは、このユーモア溢れるジオラマを毎日作り、写真に撮って行き、発表することです。継続は力なりとは言いますが、驚異的です。

六本松の科学館の企画展は、場所がちょっと小さくて、個人的には、どの企画展もこじんまりした感じがしていました。特に恐竜展で感じました。

しかし、この展示はミニチュアだけあって、すごく楽しめて、満足感ありました。各展示のおやじギャグ的なタイトルは、下の子はちょっとわからないものの、上の子はダジァレが分かるので、写真と共に楽しんでいました。下の子は、まだ、ファンタジーに生きているので、みかんジュース工場を喜んでいました。

2019年10月14日(月)までとのことです。お近くの方は是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です