フィービ・ウォージントン さく・え
まさき るりこ やく
福音館書店

くまは、実際はちょっと怖いですよね。特に森で突然出くわしたら。でも数々の絵本で、くまさんといえば、可愛らしい動物になっています。この本は、正直なところ、読んでもらいたいです。絵をじっくりみながら、お話を聞きたいのです。なので子供が羨ましい。絵と文章が離れている絵本でよくそう思います。かわいらしいくまの郵便局員の1日の始まりから書かれていて、そこかしこに、海外の香りを感じます。街並み、金色の髪の人々、クリスマスパイに、ジンジャーエール。何その食べのと、飲み物って感じですね。日本には絶対ないお風呂に暖炉にベット。ワクワクする絵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です