どろぼうがっこう /かこ さとし 作

子ども達二人、特に娘が大好きな絵本です。

どろぼう学校で繰り広げられるどろぼうの先生と、どろぼうの卵達のお話。
宿題でどろぼうをしてきたり、夜に皆でどろぼう遠足に行くのですが、
かねもちむらの一番大きなお屋敷に泥棒に入ったつもりが、そこはなんと刑務所で、、、

という、なんともおかしな設定で、また描かれているどろぼう学校の
生徒たちの人相が極悪な感じなのにやっていることは愛嬌があって、
とにかく飽きません。

娘はどろぼうの生徒たちの受け答えが大好きで、

「へーい」「ほーい」「わかりやしたー」「くまさかせんせいごめんなせー」

とよく言っております。
幼稚園くらいから楽しめるかな、と思います。
お気軽に読みにきてくださいね。

最近知ったのですが、「どろぼうがっこう ぜんいんだつごく」という続編もあるのですね。
読んでみたいです!

chizu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です