子供の頃、東京の葛飾の友達の家に、初めて泊まりに行ったとき、夕食がコロッケでした。母とほぼ二人暮しだった私の家族と違い、その子の家は、おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん、友達と妹の大家族でした。

そして、夕食は友達が来るというので、ご馳走との事。

丸い大きなちゃぶ台の上に、丸い大きなお皿、そして山積みのコロッケ。

一人ひとりに山盛りご飯とお味噌。

こういう感じでコロッケを食べたことがないので、戸惑っていると、友達は、コロッケを1つ取り、ソースをドボドボかける。

それを一口に切って、再びソースに浸しながら、ご飯を食べる。コロッケ1つで、ご飯一杯、おかわり!

その間、おじいさんの昔話から、おとうさんのダジャレ、友人のカチャカチャいう茶碗と箸の音、なんか幸せな時間だなーと子供心に思いました。

ああ、コロッケが食べたい。

でも、うちの子供にはソースかけ過ぎ!と注意してしまうのでした。

Yuzu




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です