三浦 太郎作

娘が一歳のときにクリスマスプレゼントで贈った絵本です。

「くっついた」のほかに、「わたしの」「なーらんだ」がシリーズであるのですが、

一歳のころはこの「くっついた」をよく読んでいました。

いろんな動物がページをめくるとくっついていって、最後にわたしとお母さんが

「くっついた!」

おとうさんも~

「くっついた!」

と家族で遊んでいました。我が家はおとうさんのところを「にいにも~」と、息子に変えてよく読んでいました。ほっぺたとほっぺたをくっつけると娘もキャッキャッと喜ぶし、私も気持ち良いし、ちょっと赤ちゃん返りのあった息子も幸せ。

くっつくって幸せなんだなぁ、と実感しました。

ぜひ赤ちゃんと一緒に読んで、くっついてもらいたい絵本です。

この本はろじうらひろばに置いています。
お気軽に読みに来てくださいね。

chizu



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です