なかの ひろたか、 なかの まさたか

この本は、息子が2歳くらいの時に、大好きだった絵本です。

息子を一人で見ている時、場が持たなくなって来ても、この本を読めば、機嫌が良くなりました。

笑うポイントは、一箇所のみ。池にみんなが落っこちるところ。

「どっぼーん」

そんなに面白いかなって思うくらい、ゲラゲラ笑っていました。

正直私はなんだかよくわからないです(現在43歳)
でも、息子のそんな姿を見るのが好きでこの本を読んでいました。

私にとってこの絵本は、楽しむというより、子供の反応を見るのが楽しみと言った本ですね。

その後、その時の息子の年になった娘に読んだら、笑うポイントが、1ページ後ろでした。

「いけのなかにおっこちた」

みんなでポカーンとしていることころです。

だいたいどちらかで笑いますね。

この絵本は、この年代の子供に対する必殺技でした。
この次か、次で笑わせてやると。

しかし、先日ひろばに遊びに来た、その年の子。
どこも笑わない、、、

初めて、必殺技をかわされるのでした。

ろじうらひろばにおいています。

是非、子供が笑うか試して見てください。

Yuzu




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です