西平あかね作

息子が3歳くらいの時に大好きだった絵本です。
おばけのコックと、そのコック見習いのお話です。

出てくる小物や食材、料理名などが、シャレが効いていて、とにかく面白い。
市場での仕入れの場面は、すべての食材を読まされます。わらいかにとか、おたんこぶなすとか、、、

そして特製スープが完成、おばけのウエイトレスさん達も加わってみんなで、レストランを切り盛りします。

見習いおばけもついにデビュー。緊張の初料理をお客様へ。

みんな満足して帰っていきます。

なんてストリー性があるのでしょう。ああ、いい絵本ですね。

そして、この人の絵本は、絵本の隅々に脇役がいて、毎回何か発見があります。そして、登場人物に伏線が張ってあって、他の絵本につながっているところがまたうまいですね。

全部の絵本を読んで見たくなります。

子供がクリームを、ホコリクリームと覚えてしまうので、外のレストランで言ってしまわないか心配になりますが、ご愛嬌ですね。

うらろじひろばにおいています。
どうぞ読みに来てください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です