どうぞのいす 作/香山美子 絵/柿本幸造

好きな絵本ベストテンをあげてくださいと言われたら、確実に上位に入る本です。

表紙の可愛らしいうさぎさんと、おとぼけロバさんのお話です。

うさぎさんとロバさんの接点があるようでない、椅子を作るか、寝ているだけ、
でも、この二人は、ずっとほのぼの感出しています。

そして、ロバ寝ている間に、様々なドラマが生まれていきます。

「あとのひとにおきのどく」

どうぞの気持ちと、Pay it forward、自分が施してもらったことを、自分の次の人に自分のできることで、施していく。

そして、おとぼけロバさんは、気づいたら、どんぐりが、栗になっているんですね。

うさぎさんは、親切心で椅子を作り、ロバさんは何をしたわけでもなく、ちょっとしたきっかけを作って、寝てしまっただけ、
でも世の中は、みんなの温かい気持ちで回っている。

ああ、本当にいいお話ですね。
この本は、ろじうらひろばに置いています。いつでも読みにきてくださいね。

Yuzu



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です